2016年にEC事業者が注目するキーワード 第1位「オムニチャネル」 第2位「CRM」 第3位「ウェブ接客」「越境EC」~顧客の利便性を高め、ファンを増やす施策に注目~

2016/01/13

スマートフォン向けおもてなし販促プラットフォーム「Flipdesk」を提供する株式会社Socket (東京都港区、代表取締役:安藤祐輔、以下「Socket」)は、EC事業者572名を対象とし、「2016年注目しているキーワードについて」のアンケート調査を実施いたしました。(※有効回答者数:52名)

【主な調査結果】

  • 注目キーワード 第一位「オムニチャネル」第二位「CRM」第三位「ウェブ接客」「越境EC」
  • 注目の理由は
  • 「リアル店舗とECの様々な面での効率UPが喫緊の課題(オムニチャネル)」

    「LTV向上のため(CRM)」

    「リアル店舗と同じ接客、商品提案をしたいため(ウェブ接客)」

    「お客様と1to1の関係を築き、LTVを伸ばす、ウェブ接客を行うため(マーケティングオートメーション)」

    など、顧客の利便性を高めファンになっていただき、LTV(顧客生涯価値)を上げていく目的の回答が目立った。

【調査概要】

  • Ⅰ.調査対象:EC事業者
  • Ⅱ.調査期間:2015年12月22日~2015年12月30日
  • Ⅲ.調査方法:WEB入力フォームによる回収
  • Ⅳ.有効回答:52名

※本調査結果をご使用される際は、「株式会社Socket調べ」とご記載ください。

2016年、最も注目されているキーワードは何ですか。

2016年最も注目されているキーワードとは?

「2016年、最も注目されているキーワードは何ですか。」という質問に対して、「オムニチャネル」が19%で1位、「CRM」が15%で2位、「ウェブ接客」「越境EC」が13%で同率3位となりました。

どうしてそのキーワードを注目しているのか理由を教えてください。

オムニチャネル

  • 全国に店舗を持っていることを強みとしECと店舗で連携し顧客が当社ブランドに接する時間を増やしたい。
  • ECだけでなく、実店舗においても顧客の増加と囲い込みが今後の最重要ファクターになってきているため。

CRM

  • 中長期的に売上規模拡大のため。
  • LTV向上のため。
  •     

  • 注文率の向上が課題になっており、お客様の特性によって訴求方法・内容を変える必要があることを痛感しているため。

ウェブ接客

  • リアル店舗と同じ接客、商品提案をしたいため。
  • 取り扱い商材が高単価なため、店頭のように丁寧な接客を行えれば、より安心してお買い物をして頂けるのではないかと考えているため。

越境EC

  • 海外越境販売の環境が整ってきているため、更に強化していきたい。
  • 今後はデータ連携でのファッションECが増えてくると思うので。

LTV(ライフタイムバリュー:顧客生涯価値)

  • 店舗のファン(リピーター)になってもらうにはどうすればいいか、ということを念頭に運営をしていきたいから。

そのキーワードを実施するために必要なことは何ですか。(複数回答)

キーワードを実施するために必要なこととは?

「そのキーワードを実施するために必要なことは何ですか。」という質問に対して、「人員配置など社内体制の構築」が一番多い回答となりました。二番目に多い回答は「システム改修」で、三番目に多い回答は「上司含め社内の理解促進」という結果になりました。

その他、注目されているキーワードは何ですか。(複数回答)

その他の注目しているキーワードとは?

「その他、注目されているキーワードは何ですか。」という質問に対して、同率で一番多い回答が「ウェブ接客」「LTV」で、二番目に多い回答は「コンテンツEC」となりました。

ウェブ接客ツールを導入している企業は何を期待して導入をしたのか。(複数回答)

ウェブ接客ツールを導入している企業は何を期待しているのか?

「ウェブ接客ツールを導入している企業は何を期待して導入をしたのか。」という質問に対して、「CVRの改善」が一番多い回答となりました。二番目に多い回答は「離脱率の改善」で、三番目に多い回答は「リピート率の向上」という結果になりました。

調査結果を受けて

Socketでは、今回の調査結果を「Flipdesk」のサービス開発に活かしていきたいと考えております。

また、今後もアンケート調査やユーザーヒアリングをもとにお客様からの要望をサービスに取り入れてまいります。

「Flipdesk」について

Flipdesk」は、スマートフォンサイト上で実店舗のような接客体験を提供する販促プラットフォームです。サイトに埋め込んだタグによって訪問者の行動を自動で解析し、状況に応じてクーポン発行やキャンペーン告知、チャットサポートなどの最適な接客を行うことで、購買率の向上や会員登録の促進、離脱率の低減などに貢献します。

URL: http://flipdesk.jp/

導入実績

2014年9月の正式リリース以来、導入実績は350社を超え、マーケティングツールとしては異例のスピードで成長しています。ECをはじめとして人材、不動産、金融、旅行など幅広いサイトに導入され、ROI(利用料金に対して得られた粗利益)が1,000%を超えるサイトも多数出ています。

株式会社Socket 会社概要
会社名 : 株式会社Socket
代表者 : 代表取締役 安藤祐輔
所在地 : 東京都港区
設立  : 2010年12月
事業内容: スマートフォン向け販促プラットフォーム「Flipdesk」の開発・運用
URL   : http://socket.co.jp


【商標名称等に関する表示】
記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です