Webプッシュ通知とは?機能・ブラウザの仕組み・メリット・実装ポイントを基礎から解説

Webプッシュ通知とは、通知を許可したユーザーに向けてWebブラウザを経由してプッシュ通知をする機能、サービスです。コストをかけずにCV(購入・申し込み)を増やせることから、導入する企業が増えています。この記事では主に企業のWebサイト運営者に向け、Webプッシュ通知とは何か、機能や仕組み、メリット・デメリット、注意点などを解説しています。導入しやすいサービスも紹介しているため、サイト運営の参考にしてください。

Webプッシュ通知とは?機能や仕組み

ここではWebプッシュ通知とは何か、どのような機能があるのか、通知を実現している仕組みなどについて解説します。

 

Webプッシュ通知とは

Webプッシュ通知とは、通知を許可したユーザーにWebブラウザ経由でプッシュ通知をすることです。プッシュ通知とは受信操作をしなくても、メッセージが自動表示される通知方式です。メールと違ってタイトルが30文字程度、内容100文字程度、画像とリンクは各1つという制限があるのも特徴です。

 

ユーザーは特定のアプリをインストールする必要がありません。ブラウザで企業サイトを訪れた際にポップアップされるメニューなどで通知を許可するだけで受信できるようになります。

 

企業側はベンダーのサービスを月額料金制で利用してメッセージ配信するのが一般的です。

 

どのような機能があるのか

Webプッシュ通知は、新商品が入荷した際など任意のタイミングで行えます。ECサイトに訪れてから一定期間経過後に通知する、定期的配信するなどの配信予約も可能です。

 

また、通知によって自社サイトを訪れた人の数や開封率などの効果測定やレポート出力機能を持つWebプッシュ通知サービスもあります。

 

Webプッシュ通知の仕組み

企業サイトにおいてユーザーが通知を許可すると、Webプッシュ通知に対応したブラウザから郵便の宛先にあたる受信用IDが発行されます。ベンダーはこのIDに対して企業から受け付けたメッセージを送信します。するとWebブラウザはユーザーにプッシュ通知を行います。

 

この仕組みからわかるように、Webプッシュ通知は個人情報に紐づけられていないことが特徴です。

 

WebマーケティングにおけるWebプッシュ通知の位置付け

WebマーケティングにおいてWebプッシュ通知はどのような位置付けなのでしょうか。他の手法との使い分けを含めて解説します。

 

リピート集客の比較的新しい方法

メジャーなWebブラウザのほとんどがWebプッシュ通知に対応したことから、リピーター育成の方法としてビジネス利用されることが一般的になりました。

 

特に、会員登録やメールマガジンの登録をするほどではないライトユーザーを定着させるための新たなマーケティング手法として活用されています。

 

メールやSMSによる通知からの移行

従来はメールやSMSで送っていた内容をWebプッシュ通知によって手軽に配信できることから、移行を進めている企業もあります。

 

Webプッシュ通知には、メールやSMSより登録者数を増やしやすいメリットもあります。個人情報の一部を知らせる必要がないことから、比較的簡単に通知を許可してもらえるからです。

 

リスティング広告以上、会員メール未満

Webプッシュ通知の登録者は、リスティング広告の対象となる自社サイトを訪れただけの人より、積極的な関心を持つ見込み度が高い顧客です。一方、メルマガ会員やスマホアプリユーザーよりは見込み度が低いと考えられます。

 

そのため、多くの企業はリスティング広告と会員メールあるいはスマホアプリユーザーの中間を埋めるアプローチ方法として取り入れています。

 

どのようなビジネスに活用されているのか

ここでは、Webプッシュ通知がどのようなビジネスの分野で活用されているのか解説します。

 

活用されている業種

Webプッシュ通知はあらゆる業種で活用されています。パソコンユーザーが多いBtoBにおいてはWebプッシュ通知が向かないといわれていましたが、現在ではメールとWebプッシュ通知を併用している企業も少なくありません。

 

Webプッシュ通信の活用先

ここでは、ECサイトやオウンドメディアなど、Webプッシュ通信の活用先をより具体的に解説します。

 

ECサイト

各社のECサイト(ECショップ)では、Webプッシュ通信の許可を求めるポップアップメニューを表示して、関心の高そうな商品の入荷やキャンペーン情報などを積極的に配信しています。

 

効果的なWebプッシュ通知を行うには、購買履歴やECサイト内での行動データ、Web接客のプロセスなどをWebプッシュ通知サービスと連動させることが重要です。

 

Webメディア(オウンドメディア・ニュースサイトなど)

オウンドメディア・ニュースサイトなどにおいてもWebプッシュ通信を行い、サイトへの集客に役立てています。

 

ハウツー記事や業界の最新情報などの直接CV(成約・申し込み)につながらない内容もありますが、顧客の満足度を高めることが可能です。

 

コーポレートサイト・キャンペーンサイトなど

コーポレートサイトやキャンペーンサイトなどにおいては、主に新商品のプロモーションやキャンペーン開催の通知でWebプッシュ通知が活用されています。タイムリーな情報配信では、メールよりも開封率が高いWebプッシュ通信の強みを生かせます。

 

ランディングページ

顧客をパーソナライズしてWebプッシュ通知を行い、最適なランディングページに誘導する試みも行われています。

 

また、ランディングページにアクセスしたものの離脱してしまった人をWebプッシュ通知によってリターゲティング(広告の再配信)することも効果的です。

 

Webプッシュ通知を活用するメリット

ここでは、Webサイト経営者、運営者の観点からみたWebプッシュ通知のメリットを4つ解説します。

 

CV(購入・申し込み)を増やせる

ワンクリックでWebページに誘導できるWebプッシュ通知は、ニーズにあった内容を配信するほどPV数が増加します。通知に反応した見込み客、既存顧客は、何気なくサイトを訪れた人と違って関心度が高く、CV率や売上を向上させやすいことがメリットです。

 

認知・興味レベルの低い見込み客にアプローチしやすい

個人情報の登録が不要なWebプッシュ通知は、自社商品を認知したばかりの見込み客や、多少の興味・関心を持ち始めた見込み客との接点確保に効果的です。

 

従来、顧客育成が難しかったこれらの見込み客に、営業的な圧力を感じさせることなく効果的にアプローチできます。

 

配信単価が安い

Webプッシュ通知サービスは初期費用が不要で月額利用料以外に費用がかかりません。サービスによっては自社サイトにタグを埋め込むだけで運用を開始でき、管理の手間もかからないことから、配信単価を安く抑えられます。

 

Web接客のフォローができる

Web接客とは購買履歴やサイト上の行動履歴などをもとに、適切な情報表示やおすすめ商品の案内などを行うツールです。

 

Webプッシュ通知をWeb接客と連携させれば、「欲しい商品が見つからない」「カートに入れたが、その日は決断できなかった」などで離脱した顧客に、再度購入を促せます。Webサイトでの行動履歴よりも詳しい情報を得ている分、リターゲティングの精度も高められます。

 

Webプッシュ通知を活用するデメリット

Webプッシュ通知を導入、運用するにあたっては、注意しておくべき項目もあります。

 

Webプッシュ通知を導入するための情報が少ない

Webプッシュ通知は比較的新しいマーケティング手法であるため、導入手順や実績など、企業の導入担当者向けの情報が多くありません。成果が上がるか不透明であることから経営層が導入に消極的になり、稟議が降りないケースもあります。

 

通知できる情報量が少ない

タイトル30文字前後、内容100文字前後、画像とリンクが1つずつでは伝えきれない内容もあります。あくまで「通知」であり広告としての訴求力は弱いため、自社サイトに誘導するための手段と割り切ることが必要です。

 

セグメント配信へのサポートがないベンダーがある

Webプッシュ通知の導入はHTMLにタグを埋め込むだけで簡単に完了します。しかし、Webプッシュ通知のみを提供しているベンダーでは、顧客情報と連動した運用まではサポートしてもらえません。

 

効果的なターゲティングと情報配信にノウハウがない場合は、総合的にサービスを提供している業者を選ぶのが効率的です。顧客情報とWebプッシュ通知サービスの連携やサイト分析、運用サポートまで提供しているベンダーもあります。

 

Webプッシュ通知を導入する際の注意点

Webプッシュ通知を配信する際には、通知回数や配信する顧客の選択などに注意点があります。

 

通知回数を増やしすぎない

Webプッシュ通知の数が多すぎると不快感を持たれる場合があります。顧客情報と連携できておらず一斉メール送信のような運用をしてしまう企業に多い失敗であるため注意しましょう。

 

定期配信を行う際にも、顧客の気持ちを考えて適切な間隔を空けることが大切です。

 

顧客情報が連携しにくい

マーケティングオートメーションやDMP、CMSなどと連携してWebプッシュ通知を運用すると、予想外に負担が大きくなる場合があります。

 

マーケティング部門とシステム運用部門が緊密に協力して運用する必要があり、システム構築の費用や管理・運用の人的負担などが増大するリスクがあります。

 

セグメント設定が面倒・難しい

ユーザーにログインしてもらうサイトでは、セグメント設定(通知先のグループ分け)が比較的容易です。しかし、新規顧客が多数閲覧するECサイトでは情報を収集してセグメントを分けなければなりません。サイト訪問者を自動的に分析できるツールも併せて導入しないと、効果的なWebプッシュ通知ができないことに注意が必要です。

 

WEB接客ツール「Flipdesk」×Webプッシュ通知「COINs」

Webプッシュ通知システムを導入する方法として、「Flipdesk」と「COINs」を組み合せたシステム構築を紹介します。

 

WEB接客ツール「Flipdesk」とは

Flipdeskは自社サイトの訪問者の購入履歴やWeb上での行動履歴を収集して自動分析し、顧客ごとに最適な情報表示や商品案内ができるWeb接客ツールです。

 

Flipdeskに蓄積したデータは、次項で解説する「COINs」と連携可能です。

 

Webプッシュ通知「COINs」とは

「COINs」は月間20億件を超える通知実績を持つWebプッシュ通知サービスです。Webプッシュ通知による再来訪率(CTR)は、従来のメール配信に比べて約10倍を実現しています。

 

初期費用は無料で1カ月のトライアルも可能です。また、導入支援だけでなく、成果が出るまでの運用サポートも受けられます。

 

連携機能によってWebプッシュ通知効果が大幅アップ!

「Flipdesk」と「COINs」は正式に提携を結んでおり、業界に先駆けた高精度な自動セグメント配信が可能です。また、サイト運営者の導入および運営・管理の負担が非常に少ないことも特徴です。

 

「Flipdesk」によってサイト上で収集、分析されたデータはリアルタイムでCOINsに渡され、ユーザーごとに最適な内容を効果的なタイミングで配信できます。

 

まとめ

Webプッシュ通知は、許可をしたユーザーに対してWebブラウザ経由でプッシュ通知できる機能です。登録が容易であることからライトユーザーの定着に効果があり、従来のメールマガジンに比べて開封率が高いなどのメリットがあります。

 

800社 1,250サイト以上の導入実績を持つ「Flipdesk」は、Coinsと連携した高精度のWebプッシュ通知も可能なWeb接客ツールです。ページ内にタグを設置するだけの簡単な導入により、顧客ごとに最適化されたWeb接客を業界最安値で実現できます。まずは経験豊富なコンサルタントが在籍する株式会社フリップデスクに相談してはいかがでしょうか。

 

WEB接客ツール「Flipdesk」へのお問い合わせはこちら

資料請求を申し込む
ITreview Best Software in Japan
2021 TOP50に選出されました

※全必須項目

会社名を入力してください
お名前を入力してください
電話番号を正しく入力してください
メールアドレスを正しく入力してください