コンバージョン率(CVR)とは?言葉の意味や平均値、CVRを上げる方法について解説!

Webサイトから商品やサービスを購入してもらう企業にとって、コンバージョン率は重要な指標です。この記事では、自社サイトのコンバージョン率を改善したい人に向けて、コンバージョン率の意味や計算方法、コンバージョン率を上げる方法などを解説するので、この記事を読んでコンバージョン率の向上に役立ててください。

コンバージョン率(CV、CVR)とは?

コンバージョン率とはそもそもどのような指標なのでしょうか。コンバージョン率をしっかりと理解するためにはまず、コンバージョンについて知る必要があります。ここでは、コンバージョンとコンバージョン率の意味を解説します。

 

コンバージョン(CV)とは?

コンバージョンとは本来、「変換・転換」といった意味をもつ英語です。しかし、Webマーケティングにおけるコンバージョンは、Webサイトを運営する際に設定した「成果」をサイトに訪れたユーザーが達成するといった意味で使われます。

 

成果の具体的な内容はWebサイトによって異なります。例えば、商品やサービスが購入されるといった直接的に利益につながる成果もあれば、会員登録や資料請求などを成果として設定するケースなどさまざまです。

 

コンバージョン率(CVR)とは?

コンバージョン率とは、Webサイトに訪れたユーザーや広告をクリックしたユーザーのうち、どの程度がコンバージョンに至ったのかを表す数値です。コンバージョン率は、ページごとや流入経路ごとなどさまざまな条件で算出し、分析することが重要です。

 

Webサイトへのアクセスや広告のクリックが多くても、コンバージョン率が高くないと成果は上がりません。コンバージョン率を調べることで自社サイトの課題や問題点がわかり、Webサイト運営の改善につながります。

 

コンバージョン率を求める重要性

コンバージョン率を求める目的としては、コンバージョン数を効率的にアップさせることが挙げられます。いくら自社サイトへのアクセス数や広告のクリック数が増加しても、コンバージョン率が上がらなければ成果にはつながらず、最終的に目標とする利益も達成しにくくなります。

 

コンバージョン率は、自社サイトへ訪れた人がコンバージョンに至る割合を示しているものです。逆にいえば、コンバージョンに至らなかった割合の把握もできます。ページごとや流入経路ごとにコンバージョン率を求めることで、どこでユーザーが離脱しているのかが把握でき、Webサイトの改善、コンバージョン数の増加につなげられます。

 

コンバージョン率の計算方法

コンバージョン率は以下の計算式で求められます。

 

「コンバージョン率(%)=コンバージョン数÷サイトへの訪問数(セッション数)」

 

ここでは、コンバージョン数が1,000件、サイトへの訪問数が10,000件と仮定して実際に計算してみましょう。「1,000÷10,000=0.1」という計算式になるため、コンバージョン率は10%となります。

 

どの数値を使うかは把握したいコンバージョン率によって変わります。例えば、総コンバージョン率を調べたい場合には総コンバージョン数・総セッション数を、ユーザー単位のコンバージョン率を求めたい場合にはユニークコンバージョン数やユニークユーザー数を用います。

 

コンバージョン率の目安や平均値

コンバージョン率はどの程度を目標にすればよいのでしょうか。以下では、コンバージョン率の目安や平均値について解説します。

 

設定するCVによって変わるCVR

コンバージョン率は、一般的には2~3%程度が目安だといわれています。ただし、何をコンバージョンとして設定するのかによってコンバージョン率の数値は大きく変動します。

 

例えば、無料で行えるような「資料請求」「会員登録」などを成果として設定している場合はユーザーにとってハードルが低く、コンバージョン率は高めです。一方、「商品購入」や「サービスの契約」などはハードルが高く、コンバージョン率は低めになります。

 

業界や商材により平均は異なる

業界や商材によっても平均値は大きく異なります。例えば、金融業界はコンバージョン率の平均値が5%程度といわれており、一般的な平均値よりも高めです。そのため、自社で販売している商品やサービスの業界平均を把握しておくとよいでしょう。平均を知っておけば、自社サイトの目標設定もしやすくなり、改善点などの把握も可能です。

 

コンバージョン率が低い原因

Webサイトを改善してもなかなかコンバージョン率が上がらないと悩んでいる人も多いでしょう。コンバージョン率が低い原因としては何が考えられるのでしょうか。原因は大きく分けて「ユーザー目線の不足」と「ターゲティングが不十分」の2つが挙げられます。以下では、それぞれの原因について詳しく解説します。

 

ユーザー目線が不足している

ユーザー目線の欠如はコンバージョン率が向上しない大きな要因の1つです。企業側がユーザーに伝えたい情報ばかりでは顧客の心に響きません。ユーザーが本当に求めている情報やコンテンツがない状態だと、ユーザーの離脱につながりやすいため注意しましょう。

 

また、Webサイトの動線設計が不親切・わかりにくいことも原因の1つです。サイト自体が見にくい、コンテンツに魅力がない、購入までの導線がわかりにくいとコンバージョン率の向上は難しいです。

 

ターゲティングができていない

ターゲティングがしっかりできていない場合も多く見受けられます。例えば、広告配信をしているケースもあるでしょう。商品やサービスのターゲットにマッチした広告配信ができていないと広告をクリックされてもコンバージョンにはつながりません。また、広告内容とランディングページの内容が乖離しているとユーザーが離脱しやすくなってしまいます。

 

ユーザーが広告で商品を認知し、サイトを訪れて購入するといった一連の流れを意識できていないと、コンバージョンまでの導線に一貫性がなくなります。

 

コンバージョン率を上げる方法

コンバージョン率を向上させるには、前述したコンバージョン率が低い原因を踏まえて対策を打つ必要があります。ここでは、「ターゲットの再定義」「構成や導線の見直し」「ユーザーのストレスを無くす」「コンバージョンのハードル設定」の4つに絞って解説します。コンバージョン率を向上させるための参考にしてください。

 

ターゲットの再定義をする

自社サイトを訪れるユーザーと、自社商品・サービスのターゲットとして定めている層が大きくかけ離れていないかを確認しましょう。もしズレがあるのならターゲットの再定義が必要です。例えば、時短につながる調理家電の購入がコンバージョンであるなら、ターゲットを共働きの夫婦・仕事で忙しい1人暮らしの人というように具体的に設定します。

 

あわせて、SEO対策や広告配信の際にも、ターゲットにあわせてキーワードを設定します。前述の例の場合には、キーワードを「時短 調理」「簡単 調理家電」というようにコンバージョンとターゲットにあわせたものにしましょう。

 

Webサイトの構成や導線を見直す

ターゲットがあっているのにコンバージョン率が低いケースもあります。その場合は、Webサイトの構成や導線に問題がある可能性が高いでしょう。商品検索や広告クリックからWebサイトを訪れた場合、サイトが見にくい、コンバージョンへの導線がわかりにくいとユーザーが離脱しやすくなります。そのため、すぐにわかる場所に資料請求や購入ボタンなどを設置しましょう。

 

また、ユーザーが抱えている課題や問題をどのように解決できるのか、どのような効果が得られるのかを、魅力的かつわかりやすく伝えることも重要です。

 

ユーザーのストレスを無くす

ユーザーのストレスをできるだけ無くすことも大切です。Webサイトを訪れてからコンバージョンまでの工程が多ければ多いほど、ユーザーは面倒になってしまって離脱率が上がってしまいます。そのため、コンバージョンまでの工程はできるだけ少なくしましょう。

 

また、入力項目についても工夫が必要です。入力する内容が多すぎるとハードルが高くなるため、可能な限り簡素化して入力の手間を省きます。表示速度が遅いとストレスになるため、Webページをシンプルにしたりコンテンツを整理したりして、表示速度を改善させるのも有効です。

 

CVのハードルを低く設定する

何をコンバージョンとして設定するかによっても、コンバージョン率は大きく変動します。そのため、ユーザーがコンバージョンしやすい内容に変更して、ハードルを下げることもコンバージョン率向上には有効です。

 

例えば、商品購入はコンバージョンのハードルが高いため、比較的ハードルが低い無料の資料請求に変更するなど工夫しましょう。また、何らかの特典を用意するのも効果的です。資料請求でクオカードプレゼントや割引クーポン発行など、ある程度のコストはかかりますがコンバージョン率の向上が期待できます。

まとめ

コンバージョン率とは、Webサイトで設定した目標を達成した割合のことです。コンバージョン率を調べることで、Webサイトの課題が把握・改善でき、効率的なコンバージョン数の向上につなげられます。

 

株式会社フリップデスクの「Flipdesk」は、ページ内にタグを設置するだけで簡単導入できるのが魅力のWeb接客ツールです。訪問者の流入経路や購買履歴などの情報を自動で収集するだけでなく、それぞれの状況にあわせてメッセージやクーポン、チャットなど最適な接客が行えます。Webサイトの効率的な運営を目指している場合は、ぜひ一度お問い合わせくだjさい。

 

Web接客ツール「Flipdesk」へのお問い合わせはこちら

資料請求を申し込む
ITreview Best Software in Japan
2021 TOP50に選出されました

※全必須項目

会社名を入力してください
お名前を入力してください
電話番号を正しく入力してください
メールアドレスを正しく入力してください