閲覧済みシナリオ

2021/01/29

特定のシナリオに対して、

・バナーを 表示した / 表示していない
・表示されたバナーを クリックした / クリックしていない

といった切り口でユーザーを分類し、次のシナリオ配信の条件に指定することができる機能です。

これまで、ユーザーの反応に関わらず、一律にキャンペーン訴求を行っていたお店が、キャンペーンに反応しないユーザーに対して、季節性の高いイベントや特集ページを訴求することで、サイトの滞在時間や再訪頻度が高まり、結果、1ユーザーあたりの購買率が高まった事例もございます。

(例)母の日、父の日、クリスマス、バレンタインデーといったギフト商戦や、花粉症対策、大型連休特集など

お気軽に
ご質問、ご相談ください

導入実績1,300社・1,600サイト以上

フリップデスクの3つのサービスについて
お気軽にご質問、ご相談ください

お問い合わせ

フリップデスクの3つのサービスが
3分でわかる資料請求はこちら

資料請求