資格のキャリカレ、FlipdeskとCross Talk活用で、多様化するニーズに合わせてCX向上を実現

株式会社フリップデスク(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木 忍、以下フリップデスク)は、通信教育事業を行っている株式会社キャリアカレッジジャパン(本社:広島県広島市、以下キャリアカレッジジャパン)のサービスサイト「資格のキャリカレ」に導入した「Flipdesk(WEB接客ツール)」と「Cross Talk(チャットボット)」の活用事例を公開しました。

多様化するニーズに合わせた接客の実現でCVアップ・不安解消
コロナ禍において、雇用や景気への不安、外出自粛による在宅時間の増加などから、資格取得の意欲は高まっており、オンライン講座受講者は増えています。
「資格のキャリカレ」においても、取得したい資格が決まっている、なにか学びたい気持ちはあるが迷っているなど、サイトを訪れる人の目的もさまざまであることから、キャリアカレッジジャパンでは、「Flipdesk」と「Cross Talk」を活用した”お客さまの心理状態に合わせた接客”を強化しました。

サイト上で実店舗のようなお客さまに寄り添った接客、営業時間に関係なくお客さまの不安を払拭できたことにより、資料請求のCVが伸び、お問い合わせの件数も減少しました。

 

■ご担当者さまより
<キャリアカレッジジャパン 執行役員 兼 経営企画部 部長 上岡様>
「当社が重視していることは ”お客さまに合わせた接客”。それをシンプルに実現できるのがフリップデスクのサービス。直感的な操作で変更なども誰でも柔軟に対応できるのが魅力です。また、サポートが充実しており、当社の要望を汲みとり効果的なシナリオを提案してくれるので、安心して任せています。今後益々お客さまのニーズが多様化していく中で、FlipdeskとCross Talkを活用した、よりお客さまの心に寄り添った接客の実現に期待しています。」

インタビュー記事はこちら
Flipdeskで「お客さまの心理状態に合わせた接客」を実現 – キャリアカレッジジャパン
https://flipdesk.jp/case/20220208-22741/

 

■Flipdeskについて
https://flipdesk.jp/
「Flipdesk」は、サイトに訪問したユーザーの訪問/閲覧/購買データをもとに、趣味趣向を把握し、適切な情報訴求を行うことができるWEB接客ツールです。キャンペーン告知やクーポン発行、チャットサポートなどを行うことで、一人ひとりの状況に合った最適な接客を実現し、CX(顧客体験)を向上させることにより、購買率の向上やサイト内回遊・会員登録の促進、離脱率の低減などに貢献します。

 

■Cross Talkについて
「Cross Talk」は、機械学習機能を搭載したハイブリッド型チャットボットです。シナリオトーク型/QA型を用途に応じて使い分けることで、ユーザーのストレスを取り除き、CX(顧客体験)向上を実現いたします。診断コンテンツやアンケート機能としても活用いただける他、「Flipdesk」と併用することで、サイト内の行動/購買に合わせた対話の呼び出しや、チャットボットでの対話内容に合わせたサイト内接客を実現することに加え、チャットボットから有人チャットの呼び出しまでシームレスに行うことができます。

 

■会社概要
株式会社フリップデスク
所在地  東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル35階
URL    https://flipdesk.jp/company/
代表者  代表取締役社長 佐々木 忍
事業内容 「Flidesk(WEB接客ツール)」「Cross Talk(チャットボット)」「Data Union(CDP)」の提供を中心としたマーケティング支援事業

<本件に関するお問い合せ先>
株式会社フリップデスク
TEL: 03-6869-5800
E-mail:pr@flipdesk.jp