ECサイトの売上に貢献!価格と機能のバランスがとれた“ちょうど良さ”がFlipdeskの魅力

2019/10/01

ウェブサイトの制作からシステム構築、集客施策までワンストップで支援する株式会社カンナート。2年前から女性向け靴ブランドのECサイト支援を手がけている同社は、クライアントの要望を実現できるツールとしてFlipdeskを導入。

様々な施策で着実に効果を上げています。クライアントのECサイト運用支援という立場ならではの活用法や運用のポイントなどを、同社のディレクターである古閑 清さんと大河内 和輝さんに伺いました。

数あるウェブ接客ツールからFlipdeskを選んだ決め手は“価格と機能のちょうど良さ”

―カンナート様がFlipdeskを採用された背景について教えていただけますか。

古閑:まず当社のご説明からさせていただきます。カンナートは主にウェブマーケティング支援を事業として展開しており、ウェブサイトのリニューアルやプランニング、システム設計、デザイン、さらに集客施策までワンストップで行えることを強みとしています。ECサイトの支援にも強みを持っており、通販業務をトータルで担うことが可能です。

Flipdeskはそうした通販事業を行われているクライアントのECサイトに導入することを目的に採用させていただきました。

―具体的にはどのようなECサイトでFlipdeskをお使いいただいているのでしょうか。

古閑:女性向け靴ブランドを展開されているアパレル企業様のECサイトです。

―導入に至った経緯を教えていただけますか。

古閑:クライアントは約2年前にECサイトをリニューアルされ、当社はそのときからお手伝いさせていただいております。私どもとしては当初からウェブ接客ツールを入れてみたいと考えていたのですが、最初はクライアントにそれほど響きませんでした。

その後、ECサイトを運用していくなかでクライアントの方から「キャンペーンに合わせてサイトにポップアップを出したい」というご要望がありました。当社でも対応することは可能ですが、毎回制作することになるとその都度費用がかかってしまいます。そこで、あらためてウェブ接客ツールを使うことをご提案しました。ツールであれば毎回制作する必要がなく、費用が抑えられますから。クライアントからも好感触をいただいたので、ウェブ接客ツールの選定に入りました。

―数あるウェブ接客ツールのなかでFlipdeskを選んでいただいた決め手は何だったのでしょう。

古閑:金額と機能の両面から見て、非常に“ちょうど良い”ツールだったからです。いろいろなウェブ接客ツールの提供企業様とお会いしてお話を聞かせていただいたのですが、十分な機能を持ち費用対効果が一番良かったのがFlipdeskでした。もう1社、最後まで迷ったツールがあったのですが、Flipdeskは契約後のプランの変更などにも柔軟に対応していただけるのが大きかったですね。最終的にはクライアントにジャッジしていただき、Flipdeskを使うことにしました。

―金額と機能面で“ちょうど良い”というのは、具体的にはどういうことでしょうか。

古閑:ウェブ接客ツールには非常に高機能なものもありますが、そうしたものは費用も高額になりますし、扱いも専門的で高度です。今回、クライアントのご要望としてはポップアップを出したいということがあり、さらにいずれは自社で運用もしていきたいという思いを持たれていました。その観点からも、簡単に使えるFlipdeskがちょうど良かったのだと思います。

「雨の日」限定でシナリオを配信、運用の工夫でFlipdeskの潜在力を引き出す

―Flipdeskをどのようにご活用いただいているのでしょう。

古閑:最初はポップアップがメインでしたが、そこから少しずつシナリオが増えていき、今はポップアップが逆に少なくなってきています。ポップアップを出しすぎるのも逆効果ですので、本当に打ち出したいキャンペーンのときにだけ出すようになっています。

―印象的だった施策や効果的だった施策について教えてください。

古閑:「雨の日にだけ出す」という施策が印象に残っています。クライアントは現在、レインアイテムの展開に注力されており、ECサイトでもうまくユーザーに情報を届けたいと考えていらっしゃいました。そこでご相談いただいたのが、「レインアイテムに誘導するシナリオを雨の日にだけ出したい」ということだったのです。

ただ、私としては当初、それは難しいのではと感じていました。毎日、雨が降っていることを確認してからシナリオを作って配信するのは非常に手間がかかるからです。

―たしかに手動になってしまいます。

古閑:そこで、Flipdeskさんに相談をしたところ、1週間の天気予報を確認しておいて、あらかじめ雨が降る日を予想し、事前にシナリオの配信予約をしておけばいいのではないかとのアドバイスをいただきました。この方法をご提案し、実際に運用することになりました。現在はクライアントが自ら設定して運用されています。

最初は梅雨のシーズンのみの運用の予定でしたが、シナリオの効果が上がっており、雨の日のシナリオの運用は継続しています。「自分たちで運用したい」というクライアントのご要望にもマッチしたご提案ができた事例として印象深い施策でした。

―その他、効果を感じた施策はありますか。

古閑:鉄板の施策ではありますが、やはりカゴ落ち(カゴに入ったまま商品が購入されないこと)に対するシナリオは効果を感じます。また、最近では足のサイズが人よりも大きかったり小さかったりするユーザーに対して施策を打っており、表示回数自体は多くないのですが効果が出ています。

―取りこぼしをなくすのに効果があるということですね。

古閑:クライアントのECサイトでは、ユーザーに対して細かくシナリオを打つのが効果的なのだと思います。

―運用の際、気をつけていることなどはありますか。

古閑:私もまだまだ素人ですので、Flipdeskさんに教えていただきながらクライアントにご提案しています。わからないことはすぐに伺うことが大事だと思います。Flipdeskさんからは毎回柔軟な発想でアイデアをいただき、とても助かっています。

クライアントだけでなく社内での反響も上々、営業ツールとしての可能性も感じる

―Flipdeskに対するクライアントの評価はいかがでしょうか。

大河内:かなり好評です。クライアント自身もFlipdeskでこういうことができるんだというイメージができるようになっており、提案のキャッチボールができるようになっています。

―貴社内からの反響はいかがでしょうか。

古閑:実は営業の方でも他社への提案の中にFlipdeskの活用を盛り込んでいるそうなんです。今後、営業用のツールとして使っていく可能性も大いにあると思います。

大河内:以前、ディレクター陣の勉強会にFlipdeskさんをお招きしてご説明いただいたことがありましたよね。そこでの反応もすごく良くて、社内的にも興味を持っている者は多いですよ。

―最後にこれからFlipdeskを検討されている企業の方へメッセージをお願いいたします。

古閑:Flipdeskによる施策は目に止まりやすくて、すごく効果的だと思います。導入も楽ですし、価格的にも試しやすくて、いろいろなことに柔軟にご対応いただけます。ウェブ接客ツールに壁を感じることなく、とりあえずやってみることをおすすめします。

大河内:やはり簡単に導入できるという点が魅力的ですね。管理画面もわかりやすく、サイトに大きく手を加えなくてもリアルタイムにこんな仕掛けができるんだという感動がありました。簡単でリアルタイムであることの重要性は、直接ECサイトで商売をされている方ならきっと強く感じておられる部分だと思います。それが実現できるのがFlipdeskです。ぜひ体感していただきたいですね。

お問い合わせ

Flipdesk導入済みの企業様のお問い合わせはこちら